FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOBA?DO 番外編 その9

皆様、コンニチハ。

TOMIです。


年の瀬ですね?。

今年1年を振り返ってみると、色々あったな?。

って、浸ってられる状況ではないのです!!

なんてったって、大晦日には一大イベントが待ち構えているから・・・


ということで、今年最後の「蕎麦」のお話。


ま、大晦日のイベントと合わせて、今までの記事から抜粋して、色々御紹介しましょう!!


ビックリマークまずは、「けんちんそば」


常陸太田市観光物産協会

だいこん、にんじん、ごぼう、サトイモ、いもがら、ねぎ・・・など、たくさんの野菜と、こんにゃくや豆腐などのその家々のオリジナル具材もたっぷり入れた熱々のけんちん汁で、常陸太田で生まれた【常陸秋そば】をつるつるっと頂く。「けんちんそば」は常陸太田の代表的な郷土料理です。

 「けんちん」というちょっと不思議なフレーズ。語源についてちょっと調べてみました。

○建長寺説

 鎌倉の「建長寺」の修行僧が作った「建長汁」がなまって「けんちん汁」になったという説。

○巻繊説

 江戸時代に伝わった中国料理の巻繊(けんちん)説。巻繊とは、ケンチェン(もやし)や豆腐などを胡麻油でいため、塩・醤油で味付け、これを湯葉で巻き揚げたり蒸したりしてダシをかけたもの。

・・・とのこと。

 常陸太田の冬の風物詩の「けんちんそば」、ぜひ、皆さんもお試しあれ・・・


ビックリマークつづいては「常陸秋そば」


1.「常陸秋そば」とは?

 昭和53年より常陸太田市赤土町(旧 金砂郷町)付近で栽培されてきた金砂郷在来種から選りすぐりの種を選抜して育成され、昭和60年に茨城県の奨励品種に採用されたのが「常陸秋そば」です。

粒ぞろいで品質が優れていて、そば独特の香り・風味・甘みがあり、全国の有名そば職人から高い評価を得ています。


2.なぜ「常陸秋そば」と言えば「常陸太田」?

 先に述べたとおり、「常陸秋そば」は、常陸太田市で古くから栽培されてきた金砂郷在来種とうそばから創られました。

 常陸太田市の赤土町周辺は、以前、煙草の産地として有名で、その後作にそばが作られていました。その在来種の品質が認められ、「常陸秋そば」の誕生につながったわけです。

 また、常陸太田市は、茨城県内で唯一の「常陸秋そばの種子」の生産地です。茨城県内で作られる「常陸秋そば」は、そのほとんどが常陸太田産の「常陸秋そばの種子」から作られています。



常陸太田市観光物産協会

ビックリマークちょっと脱線して「年越しそば」のお話。

「年越しそば」は、日本全国にみられる日本の食文化です。

地域によって、そばの食べ方などに違いはありますが、年を越す前にそばを残さず食べきらなければ翌年金運に恵まれないなどといわれています。


年越しそばの由来としては、「細く長く達者に暮せることを願う」というものが最も一般的であるようです。


ほかにも、そばが切れやすいことから、「一年間の苦労を切り捨て、翌年に持ち越さないように願った」という説もありますが、後付けの説とも言われています。


また、金銀細工師が金粉を集める際にそば粉の団子を使用したことから「金を集める」縁起物とも言われています。


さらに、そばは風雨にたたかれても、その後の晴天で日光を浴びると元気になることから縁起を担ぐ人もいるようです。



皆様いかがでした?

ま、「けんちんそば」と「常陸秋そば」と「年越しそば」って言うのはもう前フリって分かってらっしゃいますよね。



先日も御紹介しましたが、


「けんちんそば」+「常陸秋そば」+「年越しそば」=

大晦日・年越し常陸秋そば

「ひたちおおたin東京タワー」を開催します!!


常陸太田市観光物産協会

大晦日に東京タワーにおいて、常陸太田市名物の「けんちんそば」を500円で販売します。


常陸太田市を朝出発しますので、午後からの販売となります。


ただいま、準備真っ最中!!

忘れ物はないか確認しております。

ぜひとも、皆さんお越しくださいね!!




あ、それとそれと、

大晦日の東京タワ?に、常陸太田のそば店ガイドの

「SOBA?DO」持って行きます。

コチラもおそばと同じく数量限定ですのでお声かけてくださいね。。

「ブログみました」なんて言っていただければとっても嬉しいです。

常陸太田市観光物産協会

☆☆「SOBA-DO」希望の方はコチラ ☆☆



業務連絡です。

きっと、今年のTOMIの記事はこれで終了となるでしょう。

SHIROMIさん、もう1回ぐらい告知していただけるといいな?。

あ、イルミネーションの件もお忘れなく!!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hitachiota

Author:hitachiota
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。